先月四月に第二子を出産。同じ妊娠でも、一人目と二人目では症状が全然違いました……というお話です。

みんなの体験談 妊娠の経過と症状 

みんなの体験談 妊娠の経過と症状 

第二子妊娠時であった、こんな症状

先月四月に第二子を出産しました。
同じ相手、同じ母体ですが、こんなに違う症状かと妊娠の不思議というか神秘性というか……を痛感しました。
(ちなみに長子は男児、二子は女児でした)まずはつわりですが、二人目はとにかく酷かったです。
汚い話ですが、ピーク時は夕方になれば必ず戻していました。
さっぱりしたものでも駄目で、果物類も全滅でした。
幸い、匂いで吐くことがなかったので御飯の支度は出来ましたが、とにかく一日中だるくて上の子と遊ぶ気力もありませんでした。

妊娠初期で長子とは全く違う、ということを痛感していましたが、妊娠中期になりましたら今度は子宮頸管が短いとのこと。入院まではいきませんでしたが、要安静。家事も極力しないでくださいと言われてしまいました。
私の住んでいる地域では、中期は二週間?四週間に一回の検診でしたが、私は頸管の長さをチェックするために毎週通っていました。
お腹が張るような症状、出血などがあれば即病院へ来てくださいと脅されながら、びくびくしながら家事をしてそ?っと長子と遊んで日々を過ごしていました。

流石にもう何も無いだろうと思っていた、妊娠後期に入る直前。今度は羊水が多いとのことで、妊娠糖尿病の疑いが判明しました。
前日夜から絶食して、いざ検査……半日病院に拘束され定期的に血液検査を行いました。
待ち時間の間に、妊娠糖尿病の症状、病気による胎児への影響を調べているともう不安で不安でどうしようもありませんでした。
結果は異常なしだったので、本当に安心しました。
長子とは全然違った、バタバタの妊娠生活でしたが、無事産まれてくれて今は楽しく育児しています。

人気のサイトをもっと知るために



Copyright(c) 2018 みんなの体験談 妊娠の経過と症状  All Rights Reserved.